大きく撮ってみる
街の風景を撮る時に加える要素で大切な事はもう一つ、その街の雰囲気に合っ
ているかということ。
例えばゴミ箱だったり、余り綺麗でない物(捨て看板とか?)は余程の狙いが
無ければ、できれば避けた方がいい。
ちなみに風景に入れる要素を大きくフレーミングすればする程、街の景観の
印象が薄くなってくるので、どちらを主体にした写真かを考える必要がある。
(撮り手の意図によってフレーミングが変わる)


街の景観に合った被写体を探すのも撮影の醍醐味
photo by GON
b0041046_0322385.gif





プロとアマの違いを言われてる方が余りにも多いような気がします。
(沢山のメールありがとうございます。)
ただ皆さん何か勘違いをされているようですね。
プロだから写真は上手というのは間違いです。
プロフェッショナルというのは、そのものでお金を稼ぐ人の事を差します。
要するにカメラマンであれば、写した写真に対して対価を支払ってもらう人の事を
プロ・カメラマンと位置づけるのだと僕は思います。
ですから、プロ・カメラマンを名乗っていてもヘタクソ(僕のような)は沢山います。
逆にアマチュア・カメラマンでも素晴らしい写真を撮られる方は多くいらっしゃいます。
知識にいたっては、プロと名乗っている人よりも詳しい方が沢山います。
僕のブログに集まってくださる方は写真に興味のある方が多いような気がします。
質問もどんどんして頂いて結構です。
ただし僕は頭も悪く、知識も乏しいので答えられない事も多くあると思いますので、
余りイジメないでくださいね。(笑)
(知識合戦をするつもりは毛頭ありません。)
楽しんで皆さんが写真を撮られる手伝いができればと考えています。

GON
[PR]
by illy23 | 2006-05-17 00:32 | 風景
<< 強調 正面から撮る >>