ミラノなお金持ち
Chi lo sa?
Non c'e male. Ma mi sembra un po' troppo caro.

流石イタリアと思える光景をたまに目にする。
イタリア(ヨーロッパ)は階級社会が未だに根付いていて、身に纏っていいる洋服や持ち物、それに住む場所や車をみればこの人がどのポジションの人かという事が良くわかる。
例えば日本だと嫌味な格好であったとしても、それがその階級の標準なので特に目立つという事は無い。むしろ好んで自分のポジションを見せているのでは?と思える。
だから石畳の多いミラノであっても、Ferrariが平然と走っていたりする。
始めのころは「すっげーぇ」と思って見ていたんだけど、最近は「あっ、また走ってる」くらいにとどまっている。慣れるとは恐ろしい事だ。ちょっとやそっとの事では驚かなくなった。
驚かないといえばそう、先月末から今月の頭にかけてMILANO MODA DONNA(ミラノコレクション)があったたんだけど、セレブが来る来る。
日本でも有名な世界中のお洒落さん達がショーを見るためにやって来てました。(当たり前ですが肖像問題があるので写真のUPはしませんが、興味のある方はDOMANIのミラコレ特集をご覧ください。)仕事上そんな人ばかり撮影していると、慣れてしまい驚かなくなってきた。(そのうちパパラッチも平気でできるようになったりして・・・ダメダメ!それは絶対やらないと心に硬く誓う)
それにしてもいやぁー着飾っています皆さん。9月も終わろうとしていたのに、その頃のミラノは湿度が高く暑かったんだけど、お越しになるセレブな方々は晩秋から初冬の装い。まったく素晴らしいの一言です。(来期のトレンドは紫と緑ですよ皆さん)
そう、お金がある人は季節の先取りをして着飾るんです。(これが贅沢というものでしょう)
そして、男共はそんな艶女を乗せるためにいい車に乗るんです。
日本人も頑張ってお洒落しましょう。恥ずかしい事はなぁーんにもありません。

Ferrari
photo by GON
b0041046_5324572.gif
[PR]
by illy23 | 2004-10-19 05:41 | その他
<< ミラノな夜 フィレンツェな出来事 (番外篇) >>