2005年 01月 17日 ( 1 )
冷静に情熱を感じる?
フィレンツェを舞台にした映画「冷静と情熱の間」
たしか竹ノ内豊が美術修復士という役柄で主演していたと思う。
映画自体は実際どうでもよかった。(観るべきものは何も無い)ただし、背景に使われているフィレンツェの街並みはDUOMO修復作業前の撮影だったため、完全形を観ることができる貴重な映像だ。ミラノもそうだが、イタリアの公共事業はいつ終わるとも知れない程永い年月を必要とするようなので、この修復期間中に観光に訪れた人達はさぞかし残念でしょう。
僕はというと、FirenzeのDUOMOは完全な形を生で見たことがありません。
MilanoのDUOMOは5年前に完全形を見ました。
まだしばらくはイタリアに住むことになるので、FirenzeのDUOMOもそのうち完全形を見ることができると、勝手に思っています。(笑)
もっとも、イタリア中貴重な美術品で溢れている国なので、それを見て回るだけでも楽しいんですけどね。

comune di Firenze内部の柱と天井
photo by GON
b0041046_147574.gif
[PR]
by illy23 | 2005-01-17 01:48 | その他