2005年 02月 08日 ( 1 )
ダビデ像
フィレンツェはルネサンス文化が花開いた所として有名ですね。
そのルネサンス芸術の最大のパトロンはメディチ家といえるのではないでしょうか?
メディチ家(Medici)は、ルネサンス期のイタリア・フィレンツェにおいて銀行家、政治家と
して台頭し、フィレンツェの実質的な支配者として君臨。
後にトスカーナ大公国の君主なり、その財力でボッティチェリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、
ミケランジェロなどの多数の芸術家を支援し、パトロンとしてルネサンスの文化を育てる
上で大きな役割を果たしたようです。
また後にフランスにフォークや料理人を従えてアンリ2世に嫁ぎ、フランス料理を開花さ
せたのはカテリーナ・デ・メディチ(Caterina di Lorenzo de' Medici )であったと言
われています。
この様な事柄からメディチ家はフィレンツェのみでなく広くヨーロッパにルネサンス文化
や先進的な考えをもたらせた一家だったと言えるでしょう。
また中でもレオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロとともにルネサンスの三大巨匠と呼ばれた
ミケランジェロ・ブオナローティ(Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni)
は盛期ルネサンスの時代から、マニエリスムの時代への移り変わりを示し、その躍動的
な表現は、次のバロックの時代を準備したとまで言われ、後世の人々に多大な影響を
与えるきっかけと成りました。
確かにミケランジェロが後世に残した芸術は素晴らしく、その多くの作品がフィレンツェに
残されています。
そしてその才能に金の糸目を付けずパトロンとして君臨したロレンツォ・デ・メディチ
(Lorenzo de' Medici)はロレンツォ・イル・マニーフィコ (Lorenzo il Magnifico) と
呼ばれ、まさに「偉大な君主」というに相応しい人だっただろうと想像できます。

僕にもルネサンスの芸術家を支えたメディチ家のような人が現れないものだろうかと、
最近つくづく思います。(笑)

David
photo by GON
b0041046_257293.gif
[PR]
by illy23 | 2005-02-08 03:12 | 風景