2005年 04月 18日 ( 1 )
師の言葉
驚きました。
昨日のコメントで我が師がコメントを書き込むとは夢夢にも思いませんでした。
同時に嬉しさも込み上げてきました。

正直、ただ順調に事が運んでいるとは思えない時期だったので、励みに成ります。
心が救われるというのは、当にこんな出来事の事を言うのでしょう。

師との出会いは10年以上前。
全くの素人だった僕なのに、無謀にもこの業界に足を突っ込もうとしていました。
その僕を救い上げてくれたのが我が師です。
まったく箸にも棒にもかからないこの僕をです。
「判断の難しいところだけど、気持ちは判ったから、うちに来てみれば。」
その言葉一つでカメラマンの第一歩を踏み出しました。
本当にお世話に成りっぱなしで、未だに恩を返せていません。

更にその駆け出しの頃、コマーシャル系の道からスポーツ系の道に流れる時に、
不安を抱えた僕に掛けてくれた言葉を、僕は一生忘れない心の支えにしています。
「どんなジャンルの撮影であれ、物を捉える最高の一瞬は同じ筈だ。そしてそれは
一つの露出しか持っていない。決めるのはおまえ自身で、誰か他人がシャッターを
押すわけじゃない。自信を持って自分が最高だと感じる一瞬を切り取りなさい。」

そして、スタジオ辞める最後のアシストの日に黙って自分の撮影を見せてくれました。
アシスタントとしてまったくのど素人。
そんなハチャメチャな僕の基礎を作ってくれた師。
本当にありがとうございました。
そんな僕が今ミラノに居れるのは、師との出会いがあったからです。
だからいつかは、彼の様な心を温かくしてくれる作品が撮れる様に成りたいと願う、
ミラノな日々です。

Milano centrale
photo by GON
b0041046_6442361.gif
今日の写真が気に入ったら人気blogランキングへ
[PR]
by illy23 | 2005-04-18 06:46 | その他