2006年 02月 28日 ( 1 )
トリノ・オリンピック総括
ようやくミラノに戻ってきました。
すでに日付は変わってしまっているのですけどね・・・
さてトリノ・オリンピックですが、大した問題も無く終了する事ができました。
ですから、良かった大会だったと思います・・・でも・・・
やはり、思ったように事が運ばない事が沢山ありました。
昨日と今日でセキュリティーの状態が違うとか・・・
酷い時には本当に時間毎に変わっていました。
もっとも、イタリアらしいといえばイタリアらしいのですが・・・
イタリア人には成れたもので、ケセラセラって感じでしょう。
とはいえ、兎に角無事に全てのスケジュールは滞りなく行われたので、「終わり
良ければ何とか」です。
僕は10日後には再びパラリンピックで戻る事になりますが・・・(笑)
そういえば、借りていたレンタカーの最終的な総走行距離ですが、8746kmでした。
28日間でこの距離ですからやっぱりセストリエレとトリノ市内は遠いですね。
もちろんセストリエレ周辺の山々(チェザーナ、サウズ・ドゥルクス、プラジェラートなど)
移動距離は結構なもんです。
比較的横の移動だけなので良かったのですが、道幅も狭く常にセストリエレは大渋滞
でしたし、日に日に酷さは増していましたが、オリンピック終了後の撤収だけは本当に
早いです。
イタリアでサッカーなどの観戦をした方ならわかると思いますが、余韻に浸るなんて
行為はイタリア人には皆無に近いですね。(家ではどうか知りませんが・・・)
兎に角終了と同時に蜘蛛の子を散らすようにあっという間にいなくなります。
それはもうビックリするほどです。
僕は山にいたので、閉会式を見る事はありませんでしたが、記者の方々が記事を
書き終わるより先に会場の撤収作業は終了して、電気を消されたそうですから。
というわけで、既にトリノは平常どうりに戻った感じです。

未来のオリンピック代表選手を目指す子供達
photo by GON
b0041046_10213434.gif

[PR]
by illy23 | 2006-02-28 10:21 | TORINO