カテゴリ:人物( 61 )
手の表情
浮かべる思いに気持ちをのせる
表情はその手の中に
きっといつかは・・・

嬉しさ
photo by GON
b0041046_11284933.gif

[PR]
by illy23 | 2005-07-17 11:22 | 人物
日本は安全
ぐっすり眠ってる。
驚くほどリラックスしている様を見ていると、本当に日本は安全なんだと思う。
ミラノも比較的安全ではあるが、ベンチで無防備に寝ていたら流石に持ち物は
無くなってしまうだろう。
そんな僕も久しぶりの地下鉄で寝こけてしまった。
久しぶりの感覚で、気持ちの良いものだ。
日本は安全だと再確認。
イタリアに限らず、海外であればまず寝ない。
というより、寝れないほど気を張り巡らしている。
信用していないのだ。
「安全だよ。」ってたまに言う人がいるが、絶対でないという事を誰しもが知っている。
そう。信用できないのだ。
だって、何人も被害に遭っている人が周りに沢山いるから。

それにしても、完全爆睡体勢だなぁ。(笑)
(ちなみに知らない人です。赤の他人。すみません。勝手に撮影して。)
photo by GON
b0041046_017317.gif
[PR]
by illy23 | 2005-07-12 00:17 | 人物
探し物
何処へいってしまったのだろう
あの日の情熱
あの日の希望
あの日の想い
まだ忘れてはいない筈
想いは簡単に捨てたりしない
ずっとここにある
いつか気付く筈
いつか伝わる筈

探し物は何ですか?
photo by GON
b0041046_2442423.gif
[PR]
by illy23 | 2005-07-01 02:44 | 人物
眠れない夜
気温は下がらない
太陽は沈んだというのに
熱帯夜が続く
一時ののどの渇きを癒すために
アルコールの川を今夜も泳ぐ

サルーテ
photo by GON
b0041046_483529.gif
[PR]
by illy23 | 2005-06-29 04:08 | 人物
恋人達
真夏のフィレンツェ
日差は肌を刺すよう
恋人達は木陰にひっそり寄り添う
眼差しの暑さを隠した筈なのに
視線と言葉は絡み合い
ここは真夏だと主張する

恋人達の午後
photo by GON
b0041046_129870.gif
[PR]
by illy23 | 2005-06-25 01:29 | 人物
窓の外
会場のざわめきを逃れるように
フッと視線を窓の外へ
辺りは少し暮れてくる21時過ぎ
蒼の時間が優しく外を包みだす
まどろみが和んだ瞬間
静かな音が聞こえた

紫煙
photo by GON
b0041046_1362694.gif
[PR]
by illy23 | 2005-06-24 01:36 | 人物
感謝
いつの間にか優しい人達に囲まれている。
驚いた。
沢山の人達に僕は支えられている。

いつも優しい言葉をありがとう。
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとう。


足音
photo by GON
b0041046_4525076.gif
[PR]
by illy23 | 2005-06-14 04:53 | 人物
調子に乗って。
ちょい悪なとある男性誌の取材先で、このデニムもらっちゃいました。
いつも撮影に来るから、お礼にって事らしいです。
クラウディオありがとう。
余りの嬉しさに家で直ぐに履いてみたんです。
股上が超浅いローライズの新作でスパースリムです。
後ろのポッケの位置が腿くらいとかなり下位置で超可愛い。
あっ、モデルが悪いのはお許しあれ。

ANTONIOLIのRINGデニム
photo by GON
b0041046_854131.gif
[PR]
by illy23 | 2005-06-08 08:54 | 人物
春・・・なのか?
今日のミラノは良い天気。
木々は花を咲かせ、新緑が萌える様なこの季節。
そろそろ気温も高くなってもいい頃なのに、ちょっと肌寒い風が吹いています。

なので、まだまだ薄着で出かけてくる人は少ないミラノです。
ブーツ・マフラー・コート・・・などなどなど。
うーん。
真冬なみとは言わないけれど、春を感じさせる明るい色使いではないですね。

今日は日曜日なのと、昨日御崩御されたPAPA(ローマ法王)の追悼ミサでDUOMOは
carabinieri(国防省警察官)の厳戒態勢と、ミサに訪れた人、普通に遊びに来た人、
そして観光客で広場は溢れかえっていました。

そんな中、一際春を感じさせてくれるカップル登場
photo by GON
b0041046_702547.gif
[PR]
by illy23 | 2005-04-04 07:01 | 人物
視点
大人になってくると、それまで生きてきた過程の中で人格が形成され思考パターンも
決まってくるように思う。

自分が何に感動し、何を拒否するのか。
それは人それぞれ千差万別で誰一人として同じ物は無い。
もちろん近しい考え方をする人はいるし、その近しい感じ方をする人達が作る輪の中に
いると心地よいと感じたりもする。
自然とグループは形成され、考えを違える人からは自然と距離を置くようになる。
(反面教師として行動を共にする場合はあると思うが)
ただ社会の中で生きていく以上はそうした人達と関わる必要があり、その関係におい
ては優柔な姿勢を見せて従うか、または反抗するか、はたまた従っている振りだけを
するかという選択を迫られる。
往々にして衝突を避けるためには柔軟に従うか、従っている振りをする事になる。

More
[PR]
by illy23 | 2005-03-22 18:11 | 人物