<   2006年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
石作りの家
トスカーナの家は独特な感じですね。
石とレンガに瓦がいい感じ。

田舎
photo by GON
b0041046_7501482.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-31 07:50 | 風景
トスカーナ
ちょっとトスカーナへ。
月曜日だった・・・
やっぱり月曜日のイタリアは休日の所が多いなぁ・・・

トスカーナは休日(笑)
b0041046_14332371.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-30 14:33
静かな時間
明けきらない早い時間。
やり残した作業が目に飛び込む。
ひとときの静かな時間。

夜明けの蒼
photo by GON
b0041046_240674.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-29 02:40 | その他
聞こえる曲は
アメリカンな感じ。
それもサイケデリックな感じの曲がよく似合う。
最近忘れてたテイスト。
撮ってみたら思い出した。
僕はこんな感じが好きだったと。

Free World
photo by GON
b0041046_7185137.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-28 07:19 | その他
イタリアでは・・・
で、最近よく撮影するのはこういう感じ。
ヨーロッパは路地の素敵な場所が多い。
本当に綺麗だと思える場所。
ちょっとした所なのに、本当に美しい。

なんでもない路地
photo by GON
b0041046_7431774.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-27 07:43
そういえば
昔よく撮っていた感じの写真。
今でこそ、イタリアを中心にヨーロッパばかりを回っている感じだが、以前はUSAに
行く事の方が多かった。(ここ3年近く行ってない・・・)
その頃よく撮ってたテイストの写真。
このロケーションを見つけた時、久しぶりに湧きあがった感情のままに撮影。
やっぱりこの「スコン」と貫けた感じは好きだ。

午後
photo by GON
b0041046_7414934.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-26 07:41
例えばこんなこと
写りこみなんかも素敵だと思う。
僕の写真に多くみられるテーマの一つ。
硝子や鏡だけとは限らない。


photo by GON
b0041046_612536.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-25 06:13
融合
では、風景(シーン)に人を入れるとどうなるか。
人物が主役の時はその物ズバリ!ドーン!でいいのは言うまでもない。
周りの情景を生かしつつ、そこに人物が入っても不自然でないシチュエーションも
あるのではと僕は考える。
例えば旅ものの写真(ルポルタージュ)では、動きを付けたい時に入れたりする。
置物でない生な感じといったらいいだろうか・・・
お互いがお互いを高めるような表現ができれば素敵だと思う。

通路
photo by GON
b0041046_4524783.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-24 04:53 | 人物
せっかくなので
人物写真を昨日掲載したので、人物写真について。
人物が入った写真をドキュメンタリーだと言う人もいる。
ある意味そういう写真もある。
だが実際には最近のファッションシーンを例にとると、モデル撮影においても
自然なノリを大切にして、動きのある写真を撮る事がある。
演出を加えた写真が果たしてドキュメンタリーなのか?
作っている時点で作品的な要素が強いからそうではない。
また、人と向き合って写真を撮るという事は、物と向き合うよりもいっそうの
重圧感を感じる事が多い。
パワーは物や場所から発せられる場合よりも大きい。
(ごく稀に、空間や物がとんでもないパワーを出してる事もある。)
被写体に気後れすると、その気後れが写真に写ってしまう。
良い表情を引き出すのも撮影者の心次第なのだ。
シーンによって作品の意図に沿った表情と出会えるかは、まるで最高の光に
出会うのと同じ意味合いを持つ。
そして、その一瞬を捕らえられるかが一番の鍵になるだろう。

全ては一瞬の内に
photo by GON
b0041046_15552942.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-23 15:55 | 人物
こんなに違う
同じワンピに革のライダースなのにこんなに印象が違う。
恐るべし。

艶加減が違う
photo by GON
b0041046_0561149.gif

[PR]
by illy23 | 2006-05-22 23:59 | ファッション